うっとり惚れちゃう美肌の秘密

2009年09月13日

とっておきの基礎化粧品(クレンジングフォーム)







基礎化粧品のうちメイク落としのクレンジングを怠ると、やはりくすみやシミなどの原因になります。


基礎化粧品には、色素のほか油やワックスが混ぜられていて、しかもこの色素は、角質に残って確実に肌をくすませます。


メイクの油性成分や色素を効率良く落とすには、クレンジング剤のオイルで溶かして取ることが重要ですが、洗顔料で強く落とすと、大切な角質層の潤い成分まで落ち、肌荒れを招いてしまいます。


メイクが落ちているかどうかは、クレンジン後に化粧水をつけたコットンで顔をふき取り、色がつくなら不十分な証拠です。


基礎化粧品はしっかり落とせるクレンジング剤選びが、くすまない肌づくりへの第一歩です。オイル状ファンデーションだけでなく、油分の多い目元や口元のポイントメイクもオイルで溶かして落とします。


基礎化粧品は石けんで洗っただけでは、落ちないと考えている人が多いようですが、最近は泳いでも取れないファンデーション、落ちない口紅など、ハイテクを駆使した商品がつくられ、落としにくい化粧品が多くなりました。


ここで基礎化粧品をしっかり落とせるはずのクレンジングクリームについて触れますね。


かぶれを起こしやすい成分はバラペンです。化粧を落としながらマッサージもできるので便利ですが、落とす化粧品とともに、汗や汚れもいっしょにマッサージすることになります。


基礎化粧品のクレンジングクリームはクリーム状固形油分の多い乳化クリームや、体温で融ける油分のクリームでできています。


塗ると肌表面にオイルが広がり、メイクの色素を溶かし出し、使用後に水で流せます。水性ジェル状で油分はほとんど含まず、界面活性剤の働きメイクを落とします。


油分も色素も多いボイントメイクには向きません。ファンデーションだけのナチュラルメイクを取るのにはいいです。


したがって自分のメークに合ったクレンジング効果のある基礎化粧品のタイプを選ぶのが大切です。クレンジングのときに、メークの色が筋状になじんで浮いているかチェックしましょう。

世界一の美女になるダイエット
エリカ アンギャル
幻冬舎
売り上げランキング: 13
おすすめ度の平均: 4.5
5 早速やってみたくなります
5 意識改善。
5 まっとう&実行可能なダイエット本
4 実践的なダイエットの本
5 役にたちました。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。