うっとり惚れちゃう美肌の秘密

2009年09月13日

トキメキの基礎化粧品(美白)





基礎化粧品のうちホワイトングの主な成分は、メラニン生成抑制作用を持った成分、情報伝達物質に信号を伝達しない成分、炎症を鎮める成分、濃色細胞から淡色細胞に変えるなどがあります。


基礎化粧品、美白化粧品のいくつかを組み合わせてスペシャルケアになっている場合は、ある一つの成分が入っているだけなので、ほかの製品と一緒に使うことによって、総合的にホワイトニングケアをするようになっています。


細胞は夜眠っているときに作られるものですので、朝にホワイトニングケアをしても意味はありません。基礎化粧として朝することは日焼け対策です。どんなにホワイトニング化粧品に気をつけていても、日に当たれば取り返しのつかないことになってしまいますからね。


ホワイトニングケア製品は回復や維持の働きを中心に作られていますので、シミを作らずまた増やさないために、一番大切なのは紫外線に当たらないことなので、毎朝必ず紫外線から守るお手入れをしましょう。


基礎化粧品のうち、ホワイトニング化粧品は高価なものが多いですがが、効果が出ているのかよくわからないまま使っているという人が多いようです。


ホワイトニングや美白といわれる化粧品は、メーカー別基礎化粧品売行きベストテンの上位に入っており、20代から60代まで売れているそうです。


しかし厚生省が美白やホワイトニングという表示を認めているのは薬用化粧品だけで、その有効成分はコウジ酸、ビタミンC、アルブチン、プラセンタエキス、エラグ酸などですが、これらの美白化粧品は、このようなメラニンの生成を抑制する成分に、新陳代謝を促す成分なども加えて製品化されています。


これは基礎化粧品の花王が行った調査ですが、ホワイトニングエッセンスを使った経験がある人のうち、約半数は効果が実感できないとか、価格が高いと使用を中止したと答えたそうです。


一般に歳をとると皮膚の色素沈着は増加しますが、ファンデーション、頬紅、口紅、アイシャドーなどによっても、紫褐色のシミができる場合もあり、妊娠や薬の副作用などでも強いシミができることも多いと思います。

コウジ酸配合のクリーム、乳液、粧水、エッセンスなどには十分な美白効果があり、安全性も高いという報告が94年に発表されました。


コウジ酸は各種徹生物の培養液から抽出したもので、多くの細菌を抑制する殺菌力があります。

美肌になれて、太らない!女の子のための禁煙BOOK
阿部 眞弓
メディアファクトリー
売り上げランキング: 86443
おすすめ度の平均: 4.5
5 ありがとう!!
5 彼女に送りました
3 その気になります。
5 これはオススメ!
5 お肌がよくなっています

posted by エバ at 18:13| トキメキの基礎化粧品(美白) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。