うっとり惚れちゃう美肌の秘密

2009年09月13日

シミにならない素肌ケア。基礎化粧品(日焼け止め)




シミの予防に欠かせないのが、日焼け止め化粧品です。


さまざまな日焼け止め商品がありますが、
「SPF」「PA」という紫外線防止効果の表示について、知っておかなければいけません。


化粧品のなかで、もっとも肌への負担が大きいのが、日焼け止めの化粧品です。紫外線をカットするために使われる紫外線吸収剤、紫外線散乱剤は刺激物であるからです。


用途に合わせて、商品を選べなければ肌を守るためのものが刺激となり、さまざまな肌トラブルを引き起こしてしまいます。


紫外線B波(UVA)をカットする力を示します。何も塗らないで、サンバーン(赤くなってヒリヒリすること)が始まるまでの時間を何倍に延ばすことができるか、という目安のことです。紫外線吸収剤がふくまれます。


たとえば、成人が夏の日差しにいた場合、サンバーン(赤くなってヒリヒリすること)が起きるまで、平均的に約20分かかるといわれています。


そこで、SPF2の日焼け止め化粧品を塗っておくと、サンバーン(赤くなってヒリヒリすること)が起きるまでの時間を、20分の2倍、約40分に延ばすことができるというわけです。


気をつけなければいけないのは、SPFはサンバーン(赤くなってヒリヒリすること)までの時間を測定したもので、シミになるまでの時間ではありません。


実際は赤くなってヒリヒリするまで日に焼かなくても、シミはできてしまいます。毎日の通勤で浴びる日差しも少しずつ蓄積され、シミになっていきます。


SAF3の日焼け止めを使っても、20分の3倍 1時間はサンバーン(赤くなってヒリヒリすること)は起こさないかもしれませんが、シミのもとは肌の奥に発生しているかもしれないのです。 では、SPFのどの数値の商品を使えばいいのでしょうか?


実は、答えはありません。肌細胞の中のシミの原因となる物質は測定できないからです。


皮膚科学会では、「日常生活ではSPF10〜20、PA++」をすすめています。SPF20〜30を越えると、どんなに数値が高くても効果はたいして変わらないといいます。数値が高くなれば肌への負担も大きくなります。まめに塗りなおすほうが肌には負担をかけずにすむといわれています。



美容液成分がベースの日焼け止め!簡単ひと塗りで、紫外線と乾燥からお肌をガード♪送料無料・...



posted by エバ at 19:00| 基礎化粧品(日焼け止め) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。